FC2ブログ
★↓ポちっと協力お願いします↓★
★FC2ブログランキング★

噴いちゃいました・・・ちょっとビックリ。

指でキュッと・・・

あ、ちょっとぬるぬるで滑るかも・・・

もっとしっかり指を使わないと・・・

キュキュッ・・・

そう、今度はいい感じ・・・。

キュッ・・・。

その瞬間、ピュピュッっと噴いちゃったんです。

しまった・・・まさか噴いちゃうなんて・・・。

床にもこぼしちゃうし指にも

いっぱいついちゃった・・・。

あぁ、糸も引いちゃってるよ・・・。

そうなんです・・・実は・・・

お昼ご飯に納豆を食べようと納豆のパックを開けて

セロハンをめくったら指に納豆のぬるぬるが

ついちゃってたんです。

ちゃんと手を拭けばいいものの

そのままタレの袋を開けようとしちゃったら

ぬるっとすべるので、格闘してしまいました。

ようやく開いた!と思ったら勢いよくピュッとタレが

噴き出しちゃったんです。

あ~あ、結局、手を洗わなきゃいけなくなっちゃった・・・

床も拭かなきゃ・・・。

というわけでした。

あぁ・・・こんなネタでごめんなさい。m(_ _)m

トモノリさんとの話は、エロで〆られないんです。

一度、彼の家に泊まりに行った時に突然、

婚約者から「今から行っていい?」という

(私には聞こえてなかったけど)電話がかかってきたんです。

「今日は仕事長引いて、ちょっと疲れてるから

また今度にしようよ」

なんて言ってトモノリさんは断ってくれたのですが

私のココロの中は

「なんだ・・・惚れられてるやん・・・」

と、かなりフクザツ。

私と会ってないときは、その人に会ってるんだ・・・

そしていつか、その人のトコに行っちゃうんだ・・・

ちょっと壊れかけた私のココロはいつしか

彼への愛情をSEXという形でしか表せなくなっていったんです。

彼の本心を見ぬフリをするかのように

また彼への想いを封じるかのように

会うたびにSEXだけの日々が続いていました。

そして2ヶ月ほど経った頃、次第に

「ちょっと忙しくて時間が取れない」

と言われ、会えないことが多くなってきたと思っていると

「結婚式の日が決まった」という彼の一言が・・・。

一瞬、沈黙が電話越しの二人に流れました。

その沈黙を破ったのは

「そっか、そうなんや・・・おめでとう。そうやんね

うん、わかってたことやし私は『そうなんだ』って割り切って

たからうん、ぜんぜん気にしないでね。

ちゃんと幸せにならなきゃダメだよ」

と堰を切るように話す私でした。

トモノリさんは「・・・ゴメン」と、ただ一言を口にして

言葉に詰まっているようでした。

「だから大丈夫だってばぁ。ホントに気にしないでね。

どっちが悪いっていうことじゃなくってお互い様なんだから.

じゃあ、元気で頑張ってね」

「ありがとう。あゆちゃんも元気で」

そして、そっと受話器を置いたのでした。

しばらくボーーーッと座って壁を見つめていたのですが

次第に周りの景色が滲んで見えてきていました。

ヤダなぁ・・・泣かないって決めてたのになぁ・・・

でも、やっぱり無理でしたね。

そのままベッドの上で一晩泣いていました。

↓↓☆人妻あゆで登録してるから♪誘ってね☆↓↓
人妻と秘密の経験しませんか?

ここも出没してますw

最近探索中のサイトです

◆フレンドパーク◆

◆らぶらぶメール◆

出会いビービーズ

ラブストーリー

◎写ガール◎

◎妻恋◎

◎with love◎

☆ご近所さん☆

人妻コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://ayuayu01.blog118.fc2.com/tb.php/99-ca14fb74