FC2ブログ
★↓ポちっと協力お願いします↓★
★FC2ブログランキング★

前回の続き。

ラブホへ・・・

なんて、うっそでーす。気が早いですよ、それはさすがに。w

いくらなんでも。w

まだ夕方5時前だったので「軽くお茶でも」ということで

喫茶店へ向かいました。

喫茶店での他愛のない話も、なんだかとても楽しかったんです。

デートらしいデートが久しぶりだったせいかもしれないですけど

「恋する乙女」だったのかもしれません。

その後

「お酒、大丈夫?あんまりオシャレなトコは知らないけど」

と聞かれ

「うん、大丈夫」

ということで、居酒屋さんへ連れて行ってもらいました。

お酒も入っていたので婚約者さんの話やら電話で

しちゃったことの話やら、いろいろお話しました。

会ったのは私が初めてって言われたけど、今思うと

ホントのところはどうなんでしょう?

まあ、そんなに簡単には、会えないんですかね?>男性陣

って言っちゃうと、私が軽いみたいですね・・・(-_-;)

いや、今思うと、正直、軽かったかもしれません・・・今はもっと慎重だし。

10時が近づいていた頃、トモノリさんが

「そろそろ帰ろうかあんまり遅くなってもダメだろうし

俺も明日仕事だから」

と言いました。

楽しい時間は早いもので、すでに3時間近く経っていたのです。

ということで、お店を出て、駅へと向かいました。

実は、トモノリさんとは、路線が違うだけで、同じ某鉄道会社の沿線に

住んでたんですよね。

このまま別々に帰っちゃうのはヤダ!と思った私は

「トモノリさんの家に行っちゃダメですか?」

って言っちゃいましたよ。

少しびっくりした顔で

「え、いいけど、俺の部屋、汚いよ」

と言うトモノリさん。

ちょっと俯き加減で

「うん、気にしない・・・一緒にいたいかな、って思って・・・」

と言う私。

結局、一緒に電車に揺られて、トモノリさんの家に向かっていました。

駅からの道程で、コンビニに寄って飲み物を買って

トモノリさんの住むマンションの部屋の前に着くと

「ちょっとだけ待ってて、ぱぱっと片付けるから」

と言うので、玄関のドアの前でしばらく待っていました。

10分もしないうちに「お待たせ」と言ってドアを

開けたトモノリさんに続いて部屋の中に・・・。

私は扉を閉めて玄関で勢いよくトモノリさんに

抱きついたんですよね。そして、そのままkiss・・・・(/▽\*)

あぁ、若いって素敵・・・なんて大胆だったの、私ってば。

「どうしたの?!」

というトモノリさんに

「だって、遅刻したのは、kissで許してくれるって言ったから」

と積極的な私。(/▽\*)

「気にしないでいいって言ったのに・・・」

「私とkissするのはイヤだった?」

「そんなことないよ。うれしいよ」

「じゃあ、もう1回して」

あぁ、やっぱり積極的な私。(/▽\*)

そのまま、玄関で抱き合ってとろける様な熱いkissを

していました。

そして、トモノリさんの手が胸のほうに・・・

私は「ん・・・」と吐息を漏らしながら

彼の手を受け入れていると太腿のあたりに明らかに硬いものが

当たっているのに気付いてしまいました。(/▽\*)

唇が離れて彼と目が合った時に

「なんか・・・当たってるよ」

ギンギンのものすごい硬いモノ。すぐ欲しくなっちゃった・・・。

続きは次回楽しみにしててねw

↓↓☆人妻あゆで登録してるから♪誘ってね☆↓↓
人妻と秘密の経験しませんか?

ここも出没してますw

最近探索中のサイトです

◆フレンドパーク◆

◆らぶらぶメール◆

出会いビービーズ

ラブストーリー

◎写ガール◎

◎妻恋◎

◎with love◎

☆ご近所さん☆

人妻コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://ayuayu01.blog118.fc2.com/tb.php/97-acee86bc