FC2ブログ
★FC2ブログランキング★

ホテルに入った私達。

ドキドキなこの空気。

「シャワー浴びてきていいですか?」

と聞くと、ガバッと押し倒されてしまいました。

「きゃっ・・ちょっと・・・待ってください・・・・」

「我慢できないよ、あゆさん・・・」

すごくエッチなキス。

「ん・・・はぁ・・・」

彼は首筋から嘗め回すようにして、私はあっという間に下着だけにされてしまいました。

「あゆさん、綺麗だ。」

ブラジャーを外されてと首を舐められて

「あん・・・ああ・・・・。」

彼は太もものあたりを焦らすように撫で、なかなかおまんこを触ってくれなくて

「あ・・・お願い・・・」

そういってパンツ越しに触られたときにはパンツからいやらしいお汁が染みていました。

彼はパンツの上からおまんこの割れ目を行ったり来たり・・・

でも一番触ってほしいクリトリスの直前で引き返してしまいます。
人妻あゆ
「・・・ん・・・ああっ・・・お願い、そこっ・・・」

「あゆさんはクリトリスが好きなんですね。」

そう言うと彼はパンツを脱がせて、おまんこに顔をうずめ、クンニをしてきました。

焦らされ続けたクリトリスに舌での刺激は強すぎて

「あ・・はぁんっ・・あん・・ああ・・・」

と声を我慢出来ませんでした。

舌で舐められ、転がされ、おまんこの中も指で刺激されて

「あっ・・あっ・・・そんなにされたら・・・私・・イッちゃうぅ・・・・あ・・・」

私が放心していると、目の前にびっくりするほど大きなおちんちんを出されました。

「あゆさん、舐めて・・・」
人妻あゆ
口に入りきらないほどのおちんちんをたっぷりと唾をつけ咥えて上下に動かします。

「う・・・あゆさん、こっち見て・・・」

と言われて、Sさんを見ながらますます頑張り、もっとエッチな私を見てほしくていつの

間にか片手でおまんこを自分でいじってしまっていました。

「やらしい・・・気持ちいです・・・」

彼は私の頭を押さえて腰を動かしてきました。

そしてその大きなおちんちんがゆっくりとおまんこに入ってきます。
人妻あゆ
「んん・・・あ・・・すごい・・・・」

「あっ・・あっ・・・すごい、大きいっ・・・・」

「あ、ダメ・・・そんな、あ・・あ・・あ・・」

「ああん・・ダメ・・気持ちいい・・・!!もっと・・・・」

「・・・あああ、イクっ・・イッちゃう・・・・!」

そうして彼には2回もイかされてしまいました。

また出会う約束をしました。

Sさんは次は外で経験したい、と言っていました。

↓↓☆人妻あゆで登録してるから♪誘ってね☆↓↓
いい出会いになるといいね☆
私はここにいます。

人妻コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://ayuayu01.blog118.fc2.com/tb.php/54-4791d13d