FC2ブログ
★FC2ブログランキング★
ホスト君に会いに遊びに出かける事になったのですがちょっと彼の都合というか状況で彼
の家に行く事になりました。

最寄駅まで行ってお迎えに来てもらいました。

ホストって大変なんですね・・・

後から聞いたお話なんですけどホスト君のお客さんに会ったら面倒だからとかいう感じで

彼の家で会う事にしたんです。

しかもてっきり彼はお休みなんだと思っていたのですがそうじゃないらしいのです。

彼は売れてるホスト君らしくて自由出勤なんだそうです。

要するにお店には何時に来てもいいみたいな感じで。

まぁ、そんな感じで彼の部屋に上がった訳ですがナンパされた以来久しぶり?に見る美

形。

ホスト君だけあって顔は文句なし!!

笑顔なんか可愛くってしょうがないです。歳もまだ若いんです。

ソファーに座ってゆっくりお話していました。

当たり前かもしれませんが彼は女性を喜ばせるのが上手でずっと嬉しくなっちゃうような
事を言ってくれていました。

メールのやり取りで欲求不満な事はバレバレなはずだけど中々ホスト君から来てくれない
ので私から行ってしまいました。

話の合間に突然キスをしてズボンの上からおちんちんを触っていました。

そしたらだんだん大きくなってきたのが分かりました。

もう可愛くって我慢出来なくなっていました。

私は彼の服を脱がしました。

そして全身リップをしてあげました。

彼が時々感じてる息が溢れると私は興奮してしまいました。

おちんちんを根元から先っぽまで丁寧に舐めてあげるとギンギンになっていました。
025.jpg
「ああ、あゆさんすっごい気持ちいい・・・」

「ねぇ、私にもして」

そう言うと彼は起き上がって私にキスをしてきました。

耳や首筋を舐めて乳首も舌先でコロコロされて・・・

彼の頭がだんだん下の方へ下がっていきました。

おまんこの近くを舐めて焦らされてしまいました。

「・・っぁあっ・・おまんこ舐めて・・・焦らしちゃやだよ・・・」

しばらくしてやっとおまんこを舐めてくれました。

おまんこに舌を出し入れしたりクリトリスを舐められると気持ちよくておまんこからいっ
ぱい蜜が溢れていました。

「・・ぁぁっ・・もうおちんちん欲しい・・お願い・・入れて・・・」

おねだりすると彼は・・・・

続きはまた・・・

直ぐに相手見つかるよ↓
私はここにいます。

人妻コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://ayuayu01.blog118.fc2.com/tb.php/38-baf603bd