FC2ブログ
人妻あゆのお勧めサイト


人妻あゆのお勧めサイト

オナニーでは我慢できなくてセックスしたくなった時はここでセックス相手を探しています。私の場合は結婚しているから昼間限定とか大学生とか50代のおじさんとかって募集していると何人からかメールくるのでこのサイトやっていたらセックス相手には困らないですね。オナニーじゃなくてセックスしたい人、普段のセックスじゃ満足出来ない人はここだったら必ずセックス相手見つかると思います。
人妻あゆのお勧めサイトへGO


★↓ポちっと人妻あゆに協力お願いします↓★
★FC2ブログランキング★

最近コタツに入るとなかなか出るのが辛い人妻あゆです。

早く春来ないかなぁ~

今回は長編連載人妻あゆの若かりしころの思い出最終回です。

楽しんでもらえてますか?

あゆは若いころからエッチだったんです。

人妻になった今はさらにエッチになってしまったあゆです。

慣れた手つきで、水田くんの硬くなったモノにゴムを装着すると

「どうするの?」という目で私を見ていました。

「入れちゃっていいよ」

「え・・・あ・・・私から・・・?」

「うん、いいよ。そのまま乗ってあげたら?」

私に促されて、仰向けになったままの水田くんの上に跨って

自らの手で秘処を広げながら、ゆっくりと差し込んで行きました。

「あ・・・大きい・・・」

初めて受け入れた水田くんを素直に声に表してしまう

アキコちゃん。

そのまま快楽に身を委ねるように、腰を動かし始めていました。

私は、再び水田くんの顔に跨り、腰を振るアキコちゃんの姿を

見つめながら、水田くんの舌の刺激を受け入れていました。

「あ・・・んふ・・・すごい・・・んん・・・」

快感の高まりへと登っていくアキコちゃん。

「アキコちゃん、気持ちいいの?」

私は、そう尋ねて、アキコちゃんの激しく揺れる体に任せながら

胸を掴んで揉んでしまっていました。

「うん、いい・・・すごく気持ちいい・・・

もうこのまま・・・イっちゃう・・・イっちゃいそう・・・」

激しい快感を声にするアキコちゃん。

「もっと気持ちよくなっていいよ・・・

ねぇ、水田くんは・・・まだ大丈夫?」

私の股の間にある水田くんの方を向いて、水田くんの具合を

訊いてみました。

「俺・・・俺も・・・もうヤバいかも・・・」

「アキコちゃん、水田くんもイキそうだって・・・

アキコちゃんも、もっと激しくして気持ちよくなっていいよ」

「ぁはあ・・・ダメ・・・すごくいいよ・・・」

私の声に刺激されたのか、さらに激しく腰を動かし

息を荒げて快感に身悶えるアキコちゃん。

「あ・・・あん!ダメ!イっちゃう!ぁは!イク!イク!」

人妻あゆ

アキコちゃんは、押し寄せる快感に耐え切れなくなって

そのまま一気に上りつめてしまっていました。

アキコちゃんは、私の方へ倒れこんで私に体を委ねながら

まだハァハァと荒い息をしながら、快感の余韻に

浸っている様子でした。

「水田くん・・・水田くんは・・・?」

「あ・・・もう寸前だったけど・・・まだ・・・」

「え~、アキコちゃんを先にイカせちゃったの~?

すごいやん。今日は調子いいの?」

「いや・・・でも、もうイク寸前やったけど・・・目の前の

あゆちゃんのオ○コに目が行って

エッチしてることを一瞬忘れてた・・・」

「んもう・・・せっかく間近に見えてるんだから

もっと興奮してくれてもいいやんか・・・萎えちゃうの?」

「そうじゃなくって(^^;入ってるのに、まだ目の前に・・・

みたいな、不思議な錯覚・・・かな?」

ま、モノは言い様ですね。

「アキコちゃ~ん、余韻に浸ってないで、私に代わって~」

「あ・・・」

アキコちゃんは、水田くんのモノを抜き去り、快感の余韻で

ヨロヨロとしながら、ベッドの下に座り込んでいました。

「じゃあ、頂いちゃいま~す」

と、仰向けの水田くんの上に跨ると、再び二人目の女性に

身を委ねる水田くん。

アキコちゃんの刺激で、すごく硬く大きくなっていた水田くんの

モノを一気に激しく腰を使って、味わってしまっていました。

「ちょ、ちょっと・・・寸前やってんから・・・

もう・・・あ・・・ん!イクイク!」

私が跨ってから、ほんの数分でした・・・。

「あ・・・やっぱいつもと変わんなかったね・・・」

にゅるりと私の中から出てきた水田くんのモノには

二人分の刺激で大量に液を溜めたコンドームがぶら下がっていました。

2度の放出を済ませた水田くんは、その後は少し

「持ち」がよくなっていました。

あと2回、水田くんは私とアキコちゃんの二人に1回ずつの

放出をすることになりました。

騎乗位だけでなく、正常位はもちろん、バックも・・・。

いっぱい楽しんじゃいました。

私とアキコちゃんの二人が、ベッドの上に体を乗せて

四つん這いの体勢で、「どっちに入れたいの?」と言わんばかりに

水田くんの方を振り返り、

「私からしてー」

「私のほうが気持ちいいでしょー?」

と、交互に水田くんのモノを受け入れてしまったり・・・。

水田くん、本当にお疲れ様でした

全てが終わってから、

「今度は、シンジくんも紹介してよ」

こっそりアキコちゃんに耳打ちしたことは言うまでもありません

人妻あゆの若かりしころの思い出どうでしたか?

楽しんでもらえたかな?

私も思い出しながらエッチな気分になっちゃってオナニーしました(笑)

なんかまた昔みたいにいっぱいセックスしたくなっちゃったから

これを読んで人妻あゆとならセックスしてもいいかなっていう人いたら

↓のサイトで人妻あゆで登録しているので誘ってください。

人妻あゆとセックスしたい人早い者勝ちですよ(笑)

↓↓☆人妻あゆで登録してるから♪誘ってね☆↓↓
人妻と秘密の経験しませんか?

ハートラバーズ



写ガール

マジコイ

出会いビービーズ

あざみ屋

ラブパスポート

恋愛村

人妻コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://ayuayu01.blog118.fc2.com/tb.php/137-3d5a6de6