FC2ブログ
★↓ポちっと人妻あゆに協力お願いします↓★
★FC2ブログランキング★

イマイチすっきりしない・・・。

私の気分も、そんな天気のように

イマイチすっきりしていないのです。

更新が遅くなってゴメンナサイ。

書かなきゃね~~~。

さてさて、会った人はサラリーマンのシゲルさん

27歳です。

午後から、仕事に空きが出るので、その合間だったそうです。

いやはや、ヒマなんですかね、サラリーマンも。

でも、仕事の都合で、2時の待ち合わせが3時前に

ずれちゃいましたけどね。

メールで何度かやり取りしていたし

前日に電話で話していたので、

想像していた通り、ごくごく普通のサラリーマン風でした。

マイペースというか物静かというか

あんまりガンガン来るタイプじゃないんですよね。

あ、シゲルさんの話し方が、です。

あんまりガツガツしてるのもヤダから

ちょうどいいと言えばちょうどいいかな。

でも、もうちょっと積極的にネタを振ってくれないと

話が止まっちゃうんですけど。

ま、ヤルっていう話で会ったので

即ホテル行きでございました。

ソファに座って、テレビをつけて・・・

この不景気だからゆっくりしていいのかちょっと気になって

「仕事、大丈夫なんですか?」と、聞いていました。

「あ~、4時半くらいに戻れば、全然大丈夫」

そう答えるシゲルさん。

「じゃあ、ゆっくりできるね」

イマイチ話が弾まない・・・。

とりあえず

「じゃ、シャワー行ってこよ~~」

と言って、そそくさとお風呂場へ向かう私。

シゲルさんは「あ、どうぞ~」と言って

まだまだソファで寛ぎ中。

あら・・・

「一緒に入る」って言われないのね・・・ま、いっか・・・。

シャワーから戻って「どうぞ~」と言って

入れ替わるようにシゲルさんがシャワーを浴びに行きました。

私は、その間に部屋の証明を少し落として

ベッドに潜り込んでテレビを見ながら待っていました。

戻ってきたシゲルさんは、そのままベッドに入ってきました。

私の横に転がるなり

「んんん~~」と両手を上げて伸びをするシゲルさんに

「ベッド入ってると眠くなるよね」

と私が言うと

「そうだね・・・寝てしまいそう・・・」

そう答えて、お互い天井を見つめたまま沈黙が・・・。

このままでは本当に寝てしまいそうだったので

私から沈黙を破りました。

「えっと・・・私から・・・

行ったほうがいい・・・のかな・・・?」

「あ・・・どうしようかな・・・どっちでもいいけど・・・」

「私も、どっちでもいいよ・・・決めてね・・・」

「ん~~・・・・どうしよう・・・」

「じゃあ・・・そっちから・・・どうぞ」

「あ、そうなん?でも、やっぱ来てもらおうかな・・・」

「もう、早く決めてよね~~」

「いや・・・最近なかったから

マジでどうしようかなって思って」

「じゃあ・・・布団めくっちゃお~~」

そう言って、私から行っちゃいました。

「キャ」

布団を剥ぎ取って、アラワになったシゲルさんのモノは

既にギンギンでした。

続きは次回。

↓↓☆人妻あゆで登録してるから♪誘ってね☆↓↓
人妻と秘密の経験しませんか?

ハートラバーズ

マジコイ

出会いビービーズ

あざみ屋

ラブストーリー

恋愛村

写ガール

人妻コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://ayuayu01.blog118.fc2.com/tb.php/124-a6c213ef