FC2ブログ
★↓ポちっと人妻あゆに協力お願いします↓★
★FC2ブログランキング★

さてさて

シンジくんの脱童貞ストーリーの続き

行っちゃいますね!

まずは私が先にお風呂に・・・続いてシンジくん。

先に上がって部屋で待っていた私は

テレビをアダルトビデオのチャンネルに

合わせておいたのでした。

バスタオルを巻いて、ベッドの上に座って

テレビを見ていたところに

シンジくんが部屋に戻ってきました。

「な・・・何見てんの・・・」

「ん?シンジくんも家で見てるんでしょ??

ほらほら、座って一緒に見ようよ。」

なんて挑発しちゃう私・・・。

横に座ったシンジくんの腰に巻いてあるバスタオルが

少し膨らんでいるのを見逃すわけがありません。

「ねぇねぇ、ひょっとしてもう大きくなってる??」

「え・・・あ・・・」

とシンジくんが言う前に私の手は既にこんもり

としたバスタオルの上にあったのでした。

「やっぱり・・・最近、一人エッチで出した??」

「え・・・いや・・・一昨日した・・・かな・・・」

「じゃあ、ちょっと溜まってるんかなぁ・・・

ねぇねぇ、いつもみたいにやってみてよ、ねぇねぇ」

と一人エッチして見せて欲しくて言っちゃいました。

「マジ!?イヤなの?そんなん・・・見せられないって・・・」

と言われるや否や、私は、シンジくんを押し倒して

腰のバスタオルを剥ぎ取ったのでした。

「ほら、もうビンビンになってるじゃん・・・

いつものようにやって、ねぇ・・・あとで

私も見せるから・・・ねぇねぇ」

と言って、シンジくんの手を取りすっかり上を向いて

ピクピクしているモノを握らせたのでした。

「これでいい・・・?」

シンジくんはそう言って、ゆっくり手を

動かし始めていました。

「キャ~~、エッチ~~。いつもそうやって

動かしてるんや~気持ちいい?

もっと気持ちよくなっていいんよ・・・

ほらほら、テレビ見ながら・・・

いつもみたいにもっと触って・・・」

心なしか、見せることに慣れてきたシンジくんは

少し動きを早めながら、私の顔を伺うように・・・

目が合うと照れくさそうにテレビの画面の方に・・・

と、いつもの一人エッチをしながらいつもとは違う快感で

興奮しているようでした。

「じゃあ・・・私のも見せてあげるね・・・」

そう言って、私はベッドの上で、背に枕を当てて

膝を立てて座り、バスタオルを取ると

M字に脚を広げたのでした。

「ここ・・・見たことある・・・?」

「いや・・・初めて・・・ビデオはモザイクあるし・・・」

「ここが、こうなってて・・・この上に

あるのが・・・クリね・・・」

と、ビラビラを広げながら、指でクリを触って

位置を示している私。

「すごいね・・・こうなってんねや・・・」

「ねぇ、見てばっかりじゃないで・・・

ちゃんと手を動かしてる??」

「あ、うん・・・ゆりちゃんも気持ちいいの?」

「少し気持ちよくなってきた・・・かな」

お互いに向かい合って、たまに目を合わせながらそして

「気持ちいい?」と声をかけながら

自分のモノを刺激する二人。

「ねぇ、触ってみてもいい?」

倒錯した二人の沈黙を破ったのはシンジくんでした。

「・・・いいよ」

と私が答えると、ゆっくりシンジくんの手が

私の大事なところへと伸びてきました。

「すごい・・・やわらかいね・・・

ちょっと濡れてる・・・??」

「うん、気持ちよくなってるから・・・

ねぇ、広げてみて・・・」

「あ、うん、こんな感じ・・・かな」

「うん、そう・・・穴があるの、わかる・・・かなぁ?」

「うんうん・・・そこに入れるんやね・・・」

「そうそう・・・エッチの時、ちゃんと確かめてね・・・

そして、この割れ目の上にあるのが・・・クリ。

クリトリスね」

「この辺かな・・・」

「うん・・・ちっちゃい硬いヤツ・・・わかる・・・?」

「わかるよ・・・少し硬くなってる・・・」

「それが男の人のおチンチンと一緒で、敏感なとこ・・・

ねぇ、もっと指で触って・・・気持ちいいから・・・」

そう言って、感じてきてしまっている私は

更なるクリへの刺激を求めてしまいました。

「そう、それいい、それ気持ちいいよ」

昂ぶりの中、私は更なるお願いをしてしまいました。

「ねぇ・・・口で・・・して・・・くれる?」

シンジくんは、初めてのこと続きで少し戸惑って

いましたがすぐに

「わかった・・・うまくないと思うけど・・・」

そう言って、私の股間に顔を埋めて

すっかり濡れてしまった敏感なところに口を

当ててきたのでした。その瞬間、

「ん、ぁはぁ・・・」

と、快感のあまりに声を漏らしてしまった私でした。

そのまま、ぎこちないながらも優しく時には激しく

私の濡れそぼったアソコを舐め続けて

くれていました。

5分ほど経ったところで、彼が口を離したときに、

「じゃあ・・・今度は私がしてあげるね」

話の続きもまた今度書くからね。

それまで我慢していてくれるかな?w

↓↓☆人妻あゆで登録してるから♪誘ってね☆↓↓
人妻と秘密の経験しませんか?

ハートラバーズ

マジコイ

出会いビービーズ

あざみ屋

ラブストーリー

恋愛村

写ガール

人妻コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://ayuayu01.blog118.fc2.com/tb.php/118-2b482cd0