FC2ブログ
★↓ポちっと人妻あゆに協力お願いします↓★
★FC2ブログランキング★

今日は「早め」のセフレ君の矯正のお話を。

と言っても、やることは単純です。

手とお口でセフレ君を気持ちよくしてあげて・・・もうダメ!

っていう寸前でSTOP。

んで、しばらくしたら、また再開して・・・あぁ!

っていうところでまたSTOP。

焦らしまくりです・・・ゴメンね、セフレ君。

何度も快感の昂まりを感じながらも、いまだ頂点を極められないセフレ君は

「お願い!もう勘弁して!」と懇願してきたのです。

しょうがないなぁ・・・と思いながら、もう何度も寸止めさせちゃったので
そろそろいいかなぁ、ということで、ギンギンではちきれそうになっている
彼のモノを置き去りにしていた私の手が、再び彼のモノを握っていました。

「それいい・・・もっと動かして!すごくいい!いきそうかも!」と昂まりを
声にするセフレ君に、『やっぱ、もうちょっと焦らしちゃおうかなぁ』と
思ってしまっていました。
その私のココロが手の動きに出てしまっていたのか、セフレ君が
「もっと強く、もっと早くして!」とさらに懇願するのです。
「手でいいの?」と聞く私に、「いいから、やめないで!お願いだから!」と
セフレ君は声を荒げていました。

そのまま手の動きに合わせながら、握る強さにも緩急をつけながら、
ビクンビクンと脈打っている彼のモノに最後の刺激を続けていました。

「ぁは!もうイク!イクよ!」と最後の断末魔とともに、彼のモノから
白濁したものが噴出したのです。
しかも、ビュッと勢いよく噴いた最初の放出は、握っていた私の手の角度のせいで、
セフレ君の顔のほう目掛けて飛び出したのです。
勢いよく飛び出したおかげで、セフレ君の頭の上を飛越えて行ったのです。

間髪入れずに、ビュッと2度目の放出がセフレ君の胸にかかり、
さらに3度目の放出はピュッと緩めにセフレ君のオヘソのあたりに、
4度目5度目はドクドクンと余波を吐き出すように私の手にかかっていました。

焦らしに焦らされていたせいか、量も多く、最初の勢いは凄かったです。
弧を描いて飛んでいくエクトプラズムのような白いものが、
私の目にも焼きつきました。

しばらく呆けていたセフレ君も、「すご・・・めっちゃ飛んだ・・・」と
顔の上を飛び去ったエクトプラズムに驚いていたようでした。

お口で受けたり、コンドームの中だったり、なかなか勢いよく飛ぶのって
見る機会がないですよね・・・。

もちろん、休憩したあとに、ちゃんとエッチをしましたよ。
確かに、少し持ちがよくなっていたかも・・・
でも、それは先に大量に出したからですよね。

しかも、一度に大量に出してしまったせいか、終わって抜いた彼のモノに
ぶら下がっていたコンドームの中には、先っぽの液溜まりだけに
収まるくらいしか溜まっていませんでした・・・ハハハ(^^;

でもまあ、こうやって焦らしつつ、セフレ君を鍛えてあげようと頑張って、
私も「焦らし」に目覚めるきっかけになった、いい経験を積むことになるのでした。
↓↓☆人妻あゆで登録してるから♪誘ってね☆↓↓
人妻と秘密の経験しませんか?

ハートラバーズ

マジコイ

出会いビービーズ

あざみ屋

ラブストーリー

恋愛村

写ガール

人妻コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://ayuayu01.blog118.fc2.com/tb.php/113-4b3ad40b