FC2ブログ
★↓ポちっと協力お願いします↓★
★FC2ブログランキング★
自ら体を沈めていくカオリちゃん。

そんな二人をケンジくんと私は見ていました。

「うん、やっぱ大きいよ」と再確認するカオリちゃんの声に

「そうなんや・・・」とショック気味のケンジくん。

そんなケンジくんを慰めるかのように、「じゃあ、私も確かめていい?」と

ケンジくんに仰向けになってもらい、私も上に乗ってしまいました。

「うん・・・タカシくんのほうが大きいかも・・・」と

ゆっくり腰を動かしながら言うと

「わかった・・・でも、俺は早くないからいいねん・・・」と

自分に言い聞かせるようにケンジくんが言いました。

「でもね、太さはケンジくんのほうがあるかも。引っ掛かりがいいっていうか・・・」

と私が言うと、「あ~、そうそう、そうかもしれない」と

タカシくんの上で腰を動かしているカオリちゃんが言いました。

「ねぇ、昨日と同じに戻ってるよ」と私が言うと

「え?また変わるの?」

と言うケンジくんと、「あぁ、交代する?」と言うカオリちゃん。

私はカオリちゃんに向かって「うんうん」と頷き、再び交代・・・。

・・・するはずだったんですが、私がいったん抜いて離れたケンジくんが

立ち上がって、カオリちゃんとタカシくんのもとへ行ったのです。

そして、おもむろにモノに被っていたゴムを取り去ったと思うと

タカシくんに跨っているカオリちゃんの目の前に、何も言わずに

自分の手でしっかり握ったモノを差し出したのです

そして本能的にパックリ咥えてしまうカオリちゃん・・・。

ヤダ、私を置いて3Pですか・・・。

取り残された寂しさと眼前のエロエロな光景に

↓↓☆人妻あゆで登録してるから♪誘ってね☆↓↓
人妻と秘密の経験しませんか?

ハートラバーズ

マジコイ

出会いビービーズ

あざみ屋

ラブストーリー

恋愛村

写ガール

人妻コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://ayuayu01.blog118.fc2.com/tb.php/109-214d1b66