FC2ブログ
★FC2ブログランキング★
こないだの続きを書こうと思います。

Sさんを私の家のリビングに通すと、すぐに抱きしめられキスを交わして、Sさんはネク

タイを取り、私達はリビングのソファへ倒れ込みました。

無言のまま求め合い、Sさんの舌が唇、首筋、耳、胸元・・・と降りていき、私は自分で

もおまんこが濡れてくるのがわかりました。

胸を揉まれ、私は

「ん・・・はぁん・・・」

と声が漏れてしまいます。

服とブラジャーをたくし上げて、

「あゆさん・・・こうしたかったです・・・。」

そういうとSさんは乳首を舌で愛してくれました。

とてもいやらしく舐められ、吸われて

「ぁあ・・・Sさん・・・んっ・・・」

私のおまんこはまだ触られてもいないのにビショビショになっていたと思います。

そしてSさんの手がおまんこに降りて行き・・・

「すごいですよ、あゆさん・・・」

「ぁ・・・いやぁ・・言わないで・・・」

おまんこからはピチャピチャとエッチな音が聞こえてきました。

「あっああっ・・はぁっ・・やぁ、あっ・いいっ・・」

恥かしいぐらい声をだして感じてしまいました。

見るとSさんはスーツのズボンを大きく膨らませていました。

「おちんちん・・・食べてあげます・・。」

私はSさんのおちんちんを出してあげ、丁寧に舐め上げたあとたっぷり唾液を含んで奥まで咥えました。
人妻あゆ

(おちんちん久しぶり・・・おいしい・・・)

「う・・あゆさん・・・」

Sさんは私の頭を抑えつけます。

私は無心におちんちんを咥え続けました。

おちんちんを咥えながらも私のおまんこが乾く事はありませんでした。

「・・はぁ・・・お願いSさん。おちんちん、欲しいの・・。」

そして私はソファに腰掛けていたSさんの上にまたがり自分から腰を沈めました。

「あぁっ・・・」

久しぶりのおちんちんの気持ちよさに私は目をつぶって激しく腰を振っていました。

「ぁあんっ・・すごいっ・・んっ・・気持ちい・・・」

ソファのスプリングがギシギシと鳴っていました。

・・こんな明るい昼間、私の家のリビングで・・・。

罪悪感が私をもっと淫らにさせていました。

そしてSさんも下から突き上げてきました。

「はぁっ・・すごいっ・あっ・・ああっ・・もっとぉ・・・」

「あっ、ダメっそんな・・・あぁ・・はあっ・・ぁ、イッちゃう・・・!」

私はイかされてしまったのでした。

Sさんも絶頂を迎えると、私達は衣服を整え、Sさんは

「戻らなきゃいけないから・・・」

とコーヒーだけ飲んでお仕事に戻っていきました。

「また寂しい時は言ってください。」

と言ってくださいました。

Sさんお忙しい中わがまま言って申し訳ありませんでした。

でもやっぱり誰に見られてるかわからないので世間の手前、家は避けないとですよね。

でも凄く興奮してしまったの・・。

すごい気持ちよかった・・・。

私やっぱりおちんちんがないとダメなんです。
↓↓☆人妻あゆで登録してるから♪誘ってね☆↓↓
私はここにいます。
★FC2ブログランキング★
あゆです。

最近はジムばかり行っていました。

でもちょっとダイエット成果出たかもですよ~♪

嬉しいな。

このまま頑張ろう!

まぁ痩せるのはいいですが、ここのところエッチの方が大分ご無沙汰・・・。

もうオナニーじゃ物足りません。

・・・おちんちんを入れて欲しいの・・・。

私はSさんに連絡を取りました。

(最近から見てくださってる方は昔の日記読んでみてくださいね。)

「今日会えませんか?」

とメールを送りました。

送ったのは午前11:00くらいだったかな。

そしたらすぐ返事をくださいました。

「今日は遅くまで仕事なんです。夜だったら大丈夫ですが・・・」

私は主婦。

夜子供を置いてまで出掛けることは出来ません。

「夜は無理です。会いたかった・・・。」

とメールを打ち、あきらめようとしたんですが、

「僕も会いたいです。昼過ぎでよかったらあゆさんの家の方に営業に行く予定があるので、少しの時間でよかったら会いに行きます。」

とメールがきました。

なので、Sさんと家の近くの小さな喫茶店まで来てもらう事にして、会うことにしました。

私は早めに喫茶店に着き、アイスコーヒーを頼んでSさんを待ちました。

少し経つとSさんが息を切らして到着しました。

「お待たせしました!」

暑い外回りの中、少しでも私との時間を作りたいから走ってきてくれたそうで、嬉しかったな。
人妻あゆ
Sさんの息が落ち着くまでもう一つコーヒーを飲み、ハンカチで汗を拭いてあげました。

「あゆさんから会いたいと言ってもらえるなんて嬉しいです。」

「無理言ってごめんなさい。時間もあまりないのに・・・。」

「あゆさんのお宅はここから近いんですか?お邪魔してみたいな」

それがどういう意味かは私にもわかりました。

私達は喫茶店を出て、私はSさんを家へ案内しました。

「どうぞ、あがって下さい。」

「お邪魔します。」

私はSさんをリビングに案内しました。

Sさんはすぐに私を抱きしめて、私達は口づけを交わしました。
人妻あゆ
長くてエッチなキス・・・。

私達はソファに横になりました。

長くなってきたのでまた続きを書きます!

↓↓☆人妻あゆで登録してるから♪誘ってね☆↓↓
私はここにいます。
★FC2ブログランキング★
昨日の話ですが、旦那の帰りが遅く、夜子供を寝かせ、私はひとり寝室に入り眠りに着こ
うとしました。

でもなかなか寝付けない・・・。a

旦那はどこかで飲んでいるんでしょうか。

それとも外の女の人かしら・・・

なんて考えていたら寂しくなってしまい、保育士さんに電話をかけてしまいました。

旦那がいない事を話し、

「ごめんなさい、なんだか寂しくて・・・」

と告げました。

保育士さんは

「電話くださるなんて嬉しいですよ。」

と言ってくれました。

少しの間たわいもない話をしてたんですが、私が

「今ひとりでベットに入っている」

と言うと、

「今どんな格好してるんですか?」

「下着はつけてるんですか?」

などと聞いてきて、エッチな雰囲気に・・・。

旦那がいない隙に電話エッチしちゃいました。

「おっぱい触ってみてください。」

「乳首つまんでみて」

「パンツの上から触ってみて」

「クリトリス気持ちイイですか?」

耳元で恥かしい言葉をたくさん言われて、ビショビショに濡れていました。
人妻あゆ
おまんこに指を入れ、動かし、気持ちよさにかなり感じていました。

「・・・んっ・・はぁ・・・あ・・ああ・・・・」

「あ・・・んんっ・・・ぁ、イッちゃう・・・!」

かなり早くイってしまいました。

保育士さんにも、

「イッちゃったんですね。」

と言われ恥かしかったな。

保育士さんと早くお会いしたいですねとお話しました。

私は電話を切り、そんのまま眠りについてしまったんです。

夜中、主人が帰ってきて裸の私にビックリしたようでした。

今朝、「お前なんで昨日裸で寝てたんだ?」

と聞かれてしまい、

「お風呂に入った後、ダブルベットでひとりだったからなんだか開放的になっちゃったの。」

と誤魔化しました(笑)

あー早く気持ちいいセックスがしたいよぉ。。。

誰か私の欲求を満たしてくれる人、いないかな?

↓↓☆人妻あゆで登録してるから♪誘ってね☆↓↓
私はここにいます。
★FC2ブログランキング★
そういえば、きゅうりでオナニー最近してないなぁ…

そんな事考えていたら、きゅうりでオナニーをしたくなってきたので、そのまま八百屋さんにきゅうりを

買いに出かけました。

きゅうりを買って自宅に戻り、きゅうりにコンドームを被せてオナニーの準備。

リビングのソファにもたれながら自分でおっぱいを触り、コンドームを被せたきゅうりでおまんこの割れ

目をなぞりました。

きゅうりでオナニーをするのは久しぶりだから、ちょっと興奮気味。

きゅうりのゴツゴツ感が気持ちイイんですよね♪笑

クリトリスをきゅうりで弄ってたら、おまんこはすぐに濡れちゃいました。

そのままきゅうりをおまんこの中にゆっくり入れていくと、きゅうりのゴツゴツした部分が膣壁を刺激し

て、何とも言えない快感が押し寄せてきます。
人妻あゆ
「ふぁっ…はぁっ…」

家には誰もいないので、リビングに私のイヤラシイ声が響き渡ります。

きゅうりをおまんこの中で出し入れするとクチュクチュってイヤラシイ音がしてました。

「はっ…ぁっ…イクッ…」

今日はいつもより早くイッてしまいました…

最近、またおまんこの感度が上がってるみたい。

それにしても、オナニーってすっきりするんですけど、終わった後の虚しさって何なんでしょうね…?

↓↓☆人妻あゆで登録してるから♪誘ってね☆↓↓
私はここにいます。
★FC2ブログランキング★

ホテルに入った私達。

ドキドキなこの空気。

「シャワー浴びてきていいですか?」

と聞くと、ガバッと押し倒されてしまいました。

「きゃっ・・ちょっと・・・待ってください・・・・」

「我慢できないよ、あゆさん・・・」

すごくエッチなキス。

「ん・・・はぁ・・・」

彼は首筋から嘗め回すようにして、私はあっという間に下着だけにされてしまいました。

「あゆさん、綺麗だ。」

ブラジャーを外されてと首を舐められて

「あん・・・ああ・・・・。」

彼は太もものあたりを焦らすように撫で、なかなかおまんこを触ってくれなくて

「あ・・・お願い・・・」

そういってパンツ越しに触られたときにはパンツからいやらしいお汁が染みていました。

彼はパンツの上からおまんこの割れ目を行ったり来たり・・・

でも一番触ってほしいクリトリスの直前で引き返してしまいます。
人妻あゆ
「・・・ん・・・ああっ・・・お願い、そこっ・・・」

「あゆさんはクリトリスが好きなんですね。」

そう言うと彼はパンツを脱がせて、おまんこに顔をうずめ、クンニをしてきました。

焦らされ続けたクリトリスに舌での刺激は強すぎて

「あ・・はぁんっ・・あん・・ああ・・・」

と声を我慢出来ませんでした。

舌で舐められ、転がされ、おまんこの中も指で刺激されて

「あっ・・あっ・・・そんなにされたら・・・私・・イッちゃうぅ・・・・あ・・・」

私が放心していると、目の前にびっくりするほど大きなおちんちんを出されました。

「あゆさん、舐めて・・・」
人妻あゆ
口に入りきらないほどのおちんちんをたっぷりと唾をつけ咥えて上下に動かします。

「う・・・あゆさん、こっち見て・・・」

と言われて、Sさんを見ながらますます頑張り、もっとエッチな私を見てほしくていつの

間にか片手でおまんこを自分でいじってしまっていました。

「やらしい・・・気持ちいです・・・」

彼は私の頭を押さえて腰を動かしてきました。

そしてその大きなおちんちんがゆっくりとおまんこに入ってきます。
人妻あゆ
「んん・・・あ・・・すごい・・・・」

「あっ・・あっ・・・すごい、大きいっ・・・・」

「あ、ダメ・・・そんな、あ・・あ・・あ・・」

「ああん・・ダメ・・気持ちいい・・・!!もっと・・・・」

「・・・あああ、イクっ・・イッちゃう・・・・!」

そうして彼には2回もイかされてしまいました。

また出会う約束をしました。

Sさんは次は外で経験したい、と言っていました。

↓↓☆人妻あゆで登録してるから♪誘ってね☆↓↓
いい出会いになるといいね☆
私はここにいます。
★FC2ブログランキング★

以前日記にも書きましたが、ココで知り合ってメールをして仲良くなった方で、

前回は水族館に連れてってくれて、今日は2回目のデートでした。

待ち合わせ場所のカフェに着き、窓際の席でコーヒーを飲んで待っていると、窓の外をも
のすごいスピードで走る人!

「すいません!お待たせしてしまいました・・・」

と息を切らせてSさんが到着しました。

「そんな急がなくてもよかったのに(笑)」

「いえ・・・お待たせしては・・・悪いと思って・・・」

そんなSさんに笑ってしまいました。

でも一生懸命走ってきてくれて嬉しかったな。

今日は私のリクエストで行きたかったレストランにご飯を食べに行きました。

最近って内装や料理に凝ったレストランってあるじゃないですか?

監獄レストランとか、洞窟のようなレストランとか。

今日は、アラビアンナイトをテーマにしたレストランに連れてってもらいました。

私、そういうの好きで、ずっと行ってみたいと思ってたんです。

Sさんにはメールで「行きたい」とお願いしていたんですが、ネットなどで調べてきてく
れたらしく、完全個室を予約をしてくれたらしく、すごい嬉しかったです。

女性って男性のこういう所に弱いんですよね。

タクシーに乗ってお店に着くと、妖しい感じの入り口。

わくわくしながらSさんに手を取ってもらって洞窟のような階段を下りると、中のまばゆ
い事!

本当にアラビアンナイトの世界のような内装と、アラビアンドレスを着た女の店員さん達
がお出迎えしてくれました。

席に案内され、王様のお部屋のような個室でとてもおいしいお料理をいただきました。

そしてなんと、ベリーダンスショーも見せてくれました!

とても楽しい時間を過ごしました。

「本当に来れてよかった。ありがとうございます。」

と言うと、

「藍子さんに喜んでもらえてよかったです」

とSさん。

そしてSさんは私の手を握ってきました。

私はドキドキしながらも微笑むと、彼は優しくキスをしてきました。

そして抱きしめられて

「藍子さんが欲しいです」

と言われました。

私達はレストランを出て彼はタクシーを呼び、ホテルへと向かいました。

↓↓☆人妻あゆで登録してるから♪誘ってね☆↓↓
私はここにいます。
★FC2ブログランキング★

こんにちわ、あゆです。

昼間は相変わらずチャットで遊んでいます!笑

ちなみに、この間日記に書いたSさんとは楽しくメールをしています。

Sさんのお仕事がお忙しいらしいので、また近々予定を合わせて会う計画は立てています

けどね…笑

ここ最近はめっきりチャットというものにハマッテしまい、たくさんの方々とチャットで

お話をして、メールでお話しての毎日を送っているわけですが、私についての質問がいろ

いろ多いので、この場を借りましていくつか報告させていただきます。


その1

「あゆさんは、夜チャットでお話出来ないのですか?」

この質問が一番多いのですが、私一応主婦ですのでチャットが出来るのは日中の手の空い

ている時間のみです。

他の主婦の方で夜中にチャットで遊ばれていらっしゃる方もいらっしゃるようですが、私

は夜中はチャットは出来ません。

夜はメールなら連絡可能ですので、御用のある方はメールでお願いします。

その2

「メールを送っているのに、返事が返ってこないんですけど?」

この質問も多いので報告しますと、最近はチャットの影響もあり、今まで以上にメールの

件数が増えてしまいまして、一件一件チェックしてから返信していますので、返信は遅れ

気味になっているのが現状です。

メールを送ってくれた皆様のメールは大切に読ませていただいてますので、返信が遅れて

も待ってて下さいね!

そんな感じです。

ご理解いただけましたでしょうか?

いろんな方々と交流を持ちたいとは常々思っていますので、ブログを見て下さった方々、

まずはメールでご連絡下さい。

お待ちしてますね♪

↓↓☆人妻あゆで登録してるから♪誘ってね☆↓↓
私はここにいます。
★FC2ブログランキング★

昔やってた映画で氷を身体に這わせるシーンを思い出し、自分でやってみようと思いました。笑

皮膚がくっついてしまうと面倒なので、一度水に氷をくぐらせましたけどね!

氷を両手に持って片方はおっぱい、もう片方はおまんこにあてました。

ゾクゾクッて一瞬しましたが、慣れてしまうと冷たくて気持ち良いです。

氷をクリトリスにあてると冷たくてビックリしてしまっただけで、これといって快感はなかったです。泣

やはりこれは、男性にされるというところに快感のツボがあるんでしょうね。笑

意外感というか…笑

ちなみに失敗点を言ってしまうと、フローリングのお部屋やたたみのお部屋でやるのはオススメしません。

氷が溶けて水浸しになってしまうので…笑


でも、暑い日にする氷のオナニーも、たまには面白くていいモノですよ!笑
人妻あゆ

結局その後に、物足りなくてバイブでオナニーしちゃいましたが…笑

↓↓☆人妻あゆで登録してるから♪誘ってね☆↓↓
あゆを誘って下さいね
★FC2ブログランキング★

こんばんわあゆです。

昨日ブログを書いた後、Sさんに会ってきました!

何回かメールで楽しくお話していたので楽しみにしなら待ち合わせ場所に行きました。

《白いスカートを履いていきますね》

と言ってあったんですが、周りにも何人か白いスカートの女の方がいて・・・苦笑

わかるかしら?と不安になって携帯でメールしてみようとすると、
人妻あゆ
「あゆさんですか?」

と声をかけられました。

Sさんはとても背が高く、さわやかな印象の方でした。

「そうです、はじめまして」

と答えると、

「よかった、きっとそうかな?と思って声かけたんです」

と優しい笑顔が素敵な方でした。

Sさんはとても楽しい方で話しやすく、会話に困る事もなく楽しく一緒にランチを食べました。

Sさんは前に奥さんがいらしたそうなのですが離婚なさったという事を聞きました。

そして

「いつもあゆさんのブログ見ているんですよ。いつかお会いできたらいいなって思ってま

したが、まさか本当に会ってくださるなんて、感激だなぁ」

と言ってくださいました。

やっぱり、ブログ読んでると言ってもらうのは嬉しいですね。

「思っていた通り素敵な方ですね」

と言ってもらえて、

「もう、お世辞がお上手ですね」

と言いながらも、喜ばない女性なんていないですよね?

ランチの後は、水族館に行きませんか?と誘われ、水族館でデートをしました。

水族館なんて久しぶりだったので、とても楽しかったです。

若い頃に戻ったかのような気持ちでデートを楽しみました。

平日なので人もあまりいなくて、よかったですよ。

そして楽しい時間は早いもので、あっと言う間に時間は経ってしまいました。

Sさんは、私に子供がいる事も理解してくださっていたので、時間に気を使っていただき

、とても優しい方でした。

その日はそれでお別れをすることにしました。

「あゆさんとこうしてお会いできてますます好きになってしまいました。また会っもら

えますか?」

と言われ、

「もちろんです」

と答え、お別れをしました。

また次会うのが楽しみです。

何かあるのでは?と期待していた皆さん、ごめんなさいね(笑)

でも次会うときには・・・?

なんて☆

って、コレSさんだって見てるのに!笑

今日は旦那は仕事で、子供は幼稚園が休みで家にいたんですが、寝ててくれたので昼間チ
ャットをして遊んでました。

↓↓☆人妻あゆで登録してるから♪誘ってね☆↓↓
私はここにいます。
★FC2ブログランキング★
最近、登録しているランキングサイトの管理人さんからのお誘いで、チャットを日中やっ
たりしています。

個人的にチャトには興味があって、私の友人からも勧められていたりはしたんですけど、
中々機会がなかったんですよね。

で、今回管理人さんからお誘いを受けたので、始めてみたらチャットって面白いんですね!

ちょっとした、私の最近のマイブームです!笑

意外だったのが、チャットをされている方で私の日記を読まれている方が非常に多かった
んですよ。

なんだか自分のプライベートな部分をこの日記で知られているので、ちょっと恥ずかしか
ったり…

複雑な感じです…笑

そんなやり取りをしているしている方からメールを頂くことも多くて、嬉しい限りです。
ただ、何故かおちんちんの画像が多いのには困っているのですが…笑

おちんちんは生で見たいので…笑

メールの数が多いので返信に時間がかかってしまうかもしれませんが、ちゃんと返信しま
すのでご了承くださいね!

さて、そのメールを送ってくださる方の中で、何人かの方と既にお会いする約束をしてい
ます。

ちなみに今日も一人、Sさんという方とこれから会う予定なのですが、何回かメールのや
り取りをしていてとても楽しい方なので、ちょっと会うのが楽しみです!

もし、今日何かあったら日記に書こうかなぁ…笑

↓↓☆人妻あゆで登録してるから♪誘ってね☆↓↓
私はここにいます。
★FC2ブログランキング★
こないだの続きです

私も子供と3人でどこか行きたいなぁ。旦那に言ってみようと思っています。

でもどこもかしこも混むんですよね!

人が多いのは苦手です。

さて、こないだの保育士さんとの続きを書きますね。

キッチンでいきなり抱きつかれ、キスをしながら服をたくしあげられて胸を激しく揉まれ
ました。

「せっ、先生ダメです・・こんなところじゃ・・・あっ」

乳首を転がされて、おまんこが熱くなるのがわかりました。

「あゆさんが欲しいです」

リビングのソファに押し倒されて、保育士さんの勢いは止まりません。

こんな昼間に私の家でなんて・・・

罪悪感とはウラハラに感じ始めていました。

乳首を舐められ、手がふとももを伝ってパンツにたどり着き、パンツの上からクリトリス
をなぞられて、私のおまんこはビショビショになっていました。

「あんっ・・・お願い、直で触って・・・」

保育士さんの手がパンツの中に入ってきてビショビショのおまんこの割れ目を上下に触り
ながら
あゆ
「すごい濡れてる・・・エッチですね」

と言っておまんこに指をニュルッと入れてきました。

「ああんっ、あっ、あっ・・・」

激しく指を動かされ、親指でクリトリスも刺激されておまんこからはクチュクチュといや
らしい音が聞こえました。

「エッチな音してますよ。気持ちいいですか?」

「あっ、はぁん・・んっ・・・気持ちいいっ、もっと・・・」

「旦那さんにもこういう風にしてもらったんですか?」

やらしく耳元でささやかれて、ますます濡れてしまい、おまんこはもうトロトロになって
いました。

保育士さんのおちんちんもパンパンになって苦しそうだったのでズボンを脱がせ、ソファ
に座らせて舐めてあげました。

上目で保育士さんを見ながらジュポッ、ジュパッと咥えて上下に動かすと

「すごいやらしい・・うっ・・」

っと感じでくれている様子で、私もいつの間にか自分で手がおまんこに行ってました。

保育士さんがハメ撮りをしたいと言い出したんですが、もちろん私も

反対する理由はないわけで・・・

むしろ自分のカメラにも収めたかったので

許可を得てカメラを棚の上に設置してもらいました。

「あゆさんエロい・・気持ちいです・・」

私はもう我慢できなくなり、ソファの上の保育士さんにまたがっちゃいました。

ゆっくり腰を沈めると保育士さんのパンパンのおちんちんがおまんこに入ってきました。
「あ・・・ああっ・・・」
あゆ
こみあげる快感に無意識に腰を振っていました。

「あっ、はぁん、ああっ、んっ・・・」

先生も下からガンガン突き上げてきました。

「ああっ、あっ、あっ、んんっ、そんな・・ダメっ、気持ちぃっ・・・」

旦那も子供も普段いるリビングのソファでこんな事・・・。

「あゆさん・・・うっ、イクっ・・・」

「寂しい時は言ってください、お相手しますよ。寂しさはちゃんと埋めないと。そうすれ
ばきっと子供さんの前で喧嘩することもなくなりますよ。」

「はい」

子供を迎えに行く時間になったので保育士さんには帰ってもらいました。

「また連絡します」と言われました。

罪悪感で濡れてしまうなんて・・・。

でもすごい興奮してしまいました。

いけないあゆです。

↓↓☆人妻あゆで登録してるから♪誘ってね☆↓↓
私はここにいます。
★FC2ブログランキング★

今日は昨日保育士さんと会ったお話を書きます。

昨日は保育士さんがお休みと言うことでお昼に一緒にランチをしてきました。

カフェで待ち合わせをしたのですが、準備に手間取って少し遅刻してしましました。

「ごめんなさい、遅れてしまって」

「大丈夫ですよ。そんなに急がなくてもよかったのに」

「いぇお待たせしたら悪いと思って。」

「あゆさん今日もお綺麗ですね」

「もう先生ったら」

内心やっぱり嬉しいです。

実は着て行く洋服を選んでたら遅くなってしまったのでした。笑

綺麗って言われたからってハリキリすぎかな?

先生は幼稚園でのエプロン姿も素敵ですが私服だとやっぱり素敵に見えます。

コーヒーを飲みながら少しおしゃべりをして、近くのイタリアンのお店に行きました。

おいしく料理を食べ、先生が

「旦那さんと仲直りできたんですね、よかった。○○ちゃんも喜んでると思いますよ。」
と話出して、私も今まで溜まっていた旦那に対しての寂しかった気持ちを話しました。

そして久しぶりにセックスできた事も話しました。

「やっぱり夫婦は仲いい方がいいですよね。見た目だけでも」

と私が言うと、

「旦那さんと気持ちよくなれたんですね。旦那さんがうらやましいな。こんな綺麗な奥さ
んと毎日隣で寝れたら、僕だったら毎日でも朝まで抱いちゃいますよ。それなのに寂しい
思いをさせるなんて・・・」

「僕・・・あゆさんの寂しさ埋めてあげたいです。あゆさんと僕が・・・あの日から僕ず
っとあゆさんと早くもう一度会いたいと思ってたんですよ。」

急に告白(?)されて正直ときめいてしまい、なんだか顔が赤くなってしまいました。

ランチも済ませ、お店を出ると

「○○ちゃんが幼稚園から帰ってくるまでは時間あるんですか?」

「ええ、まぁ・・・」

「あゆさんち、遊び行っちゃダメですか?」

「え?ウチ?・・・」

今は家に誰もいないけど・・・。

「ダメですか・・・?」

かわいく言われてしまい、困りながらも承知してしまいました。


家に着き、ソファーにかけてもらい、コーヒーを入れようとキッチンに立っていると、い
きなり後ろから抱きしめられて首筋にキスされながら胸を鷲掴みに揉まれました。

「きゃっ、せ、先生!?」

「ずっとこうしたかった」

濃厚なキスをされながら服をたくしあげてきました。

「ぁ、まっ、待って・・・」

「待てないですよ」

続く

↓↓☆人妻あゆで登録してるから♪誘ってね☆↓↓
私はここにいます。
★FC2ブログランキング★

ネットサーフィンをしながらニュースを見ていると、携帯にメールが入りました。

誰からと思って携帯を見ると、子供の通う幼稚園のあの保育士さんからのメールでした。
”今ってお忙しいですか?”

ってメールが届いたので、私は

”今日は自宅で一人でお留守番です。”

ってすぐに返信しました。

すると今度は携帯に彼から電話がかかってきました。

「もしもし、あゆさんお疲れ様です。」

電話の向こうの彼の声はとても元気な声で、繁華街にでもいるのか周りが騒がしい所から
の電話でした。

「もしもし、どうしたんですか?」

私は彼からの急な電話にビックリしてしまいました。

「いやいや、僕は暇を持て余していたので…何かされてましたか?」

って彼が私に聞いてきたので、私は

「ネット・サーフィンしてましたよ。」

って答えると、彼は電話の向こう側で笑っていました。

私はちょっとムッとして

「何なんですか?用がないなら切りますよ!」

って言うと、彼は少し焦ったような感じで

「あぁっ…すみません。もし良かったら一緒にお茶でもどうですか?」

って、私を誘ってきました。

私はネット・サーフィンにもちょっと飽きてきてたところだったので、彼の誘いに応じま
した。

待ち合わせのカフェに行くと、彼は奥の席でコーヒーを飲みながら待っていました。

「こんにちは。呼び出してしまってすみません。」

彼は今日は買い物中だったのか、デパートの袋をいくつか持っていました。

「今日は買い物中だったんですか?何を買ったの?服かしら?」

私が席に座って彼の買い物袋を見ていると、ウエイトレスさんが注文を取りに私たちのテ
ーブルにきました。

「ご注文は?」

私はメニューを見て、アールグレーとチーズケーキを注文しました。

「今日は買い物で出かけていたんですよ。そういえば、ご主人とはどうなったんですか?」

彼はうちの子供が最近幼稚園で元気がなかったのを気にして私に連絡をくれたみたいでした。

私はこの間旦那と喧嘩した事を彼に話しました。

「そんなことがあったんですか…」

彼はしばらく黙り込んだ後、

「ご主人の浮気相手は誰なのか、あゆさんは知ってらっしゃるんですか?」

と、私に聞いてきました。

私は無言で首を横に振り、テーブルに届いた紅茶を口にしました。

私は子供が幼稚園で元気がないことがショックでした。

夫婦のトラブルが子供のストレスになっているのかと思うと、私の心は痛みました…

「子供は…子供は幼稚園で元気に過ごしてないんですか…?お友達とかとは…?」

私は少しパニックになってしまい、言葉が詰まってしまいました。

「大丈夫ですよ、あゆさん。ちょっと最近元気がなかったので気になっただけですから…
お友達とは仲良く元気に遊んでいますし。」

彼は落ち着いた声で私にそう言ってくれました。

しばらくしてから私たちはお店を出ました。

彼は用事があったみたいだったのでそのまま出かけ、私はそのまま自宅に帰りました。

一度旦那と、ゆっくりちゃんと話をしたほうがいいんですかね…?

↓↓☆人妻あゆで登録してるから♪誘ってね☆↓↓
私はここにいます。
あゆです。

今日はお掃除をしていました。
最近の掃除用具は便利になりましたよね。

そういえば、この前テレビ通販を見ていたら、
なにかおもしろい掃除用品が売ってましたよ。

それはどういうのかというと、
フローリングワイパーと掃除機が合わさったようなやつです。
狭い場所にも入って埃を吸ってくれるんだそうです。

でも、あれって吸引力はどの程度なんでしょうね。
やっぱりサイクロン式掃除機並の吸引力は望めないんでしょうか。

そんな事を考えながら掃除をしていると、
旦那の部屋から変なものが出てきてしまいました。

ローターです。

よくみたらローションもあります。
しかもそのローションは使いかけです。

またどうせ他の女とこれで遊んでいたんでしょう。

悔しいのでこのローションを無駄に使いまくる事にしました。

この際ローターの電池も一緒に無駄使いです。

よく見たらこのローション高いやつみたいで、
媚薬みたいのが入ってるみたいです。

私はさっそく服を脱ぐと、
試しにローションを乳首につけてみました。
というかこのローション、匂いがちょっと変ですね。

なんだかよくわからないのでおまんこにも塗ってみました。

そうしているうちに先に塗った乳首がなんだかヒリヒリ?っていうか
なんか変な感じに。

ちょっと乳首を指で触ってみました。

「あああんっ」

感度が普段よりも明らかに良くなっていました。

こ・・これが・・・媚薬の力・・・
なんだかすごいですねこれ。

あ、今度はおまんこもジンジンとしてきました。
なので、さっきのローターを手に取ると電源を入れました。

ぶぶーん
人妻あゆ
ローターをおまんこに当てました。

「ああっこれ感じすぎちゃうっ」

気持ちよすぎて体がびくびくしてしまいます。

そうして、クリトリスをローターで刺激していると、
いつもより早くいってしまいました。


まったく旦那はこんなものを他の女に・・・

↓↓☆人妻あゆで登録してるから♪誘ってね☆↓↓
私はここにいます。
★FC2ブログランキング★

今日は少し寝不足です。

というのも、昨日旦那は結局明け方に帰ってきました。

そしたら子供も目が覚めてしまったようで

おなかが空いたらしく冷蔵庫の中を開けていました。

リビングでガザゴソと音がしているのでそれに目がさめてしまい、

リビングに行きました。

私は子供にココアを作り、飲み終わるまでリビングにいました。

ソファーには旦那が大の字で寝ています。

酒臭くて…ネクタイも乱れている…

出会った時はこんな人じゃなかったのに。

でも旦那から見れば私も変わっちゃったのかな。

急に寂しくなってふと気付いたら涙が頬を伝っていました。

誰かに慰めてもらいたくて

保育士さんにメールをしてしまいました。

「子供が夜中に熱を出してしまって…どうすればいいんでしょう」

返事は来ないだろうなと思ったのですがすぐに返って来ました。

「大丈夫ですか!?39度を超えるようなら救急で病院に行った方がいいですよ!」

本当は熱なんて出ていないんですよね。

返事が欲しかっただけなのです。

メールをやり取りしていると旦那が目を覚ましました。

「おまえって俺よりメールが大事なんだな…」

「どうせまた他の男がいるんだろ」

って…少しカチンときてしまい、

「あなただっていつも仕事仕事って本当は…他の女の人がいるんでしょ」

と言い返してしまいました。

それからいくつかやり取りをしたのですが覚えていません。

気が付いたら子供が私のパジャマの袖を一生懸命掴んでいました・・・。

その時携帯の着信が鳴ったので着信を確認しつつ子供を部屋に寝かせに行きました。

「ごめんね・・・こんなママで・・・」


↓↓☆人妻あゆで登録してるから♪誘ってね☆↓↓
私はここにいます。